京都のときめき ~前編~

京都の老舗旅館「俵屋」がプロデュースするティーサロンがあります。

『遊形サロン・ド・テ』というその素敵な空間は、風水を散りばめているのでは思わせる興味深い点があり、ご紹介させて頂きます。

坪庭にはご無礼ながら、かわいらしい慈愛に満ちた仏さまがいらっしゃいます。



この坪庭が鑑賞できるカウンター席で、ロイヤルミルクティを注文いたしました。

お値段は・・・忘れてしまいました(笑)。



素晴らしい空間力に癒され、くつろぎました。



さてさて、問題の「これは風水?」と思わせるオブジェが目の前にひとつ。

お分かりになりましたか?

先日お伝えしました幸運のモチーフ代表「鳥」です。



私の記憶(怪しい)によれば、この写真の方位は北(六白水星)にあたります。

そして、北(六白水星)の象意(その星のシンボルのようなもの)のひとつにガラスがあります。

これは偶然なのでしょうか?



さらに、もう一枚ご覧頂きましょう。

もうお分かりですね。

小さな画像ですが「鳥」のオブジェが飾られております。

この写真の方位は西(七赤金星)ですが、西(七赤金星)の象意のひとつに鶏があります。




異なる質の「鳥」のオブジェを、どうやってベストポジションに置かれたのか、とても気になります。




この素晴らしいティーサロンには、まだまだ風水を思わせる不思議な仕掛けがございます。

後編に続きます。




暮らしと風のかたち

風水インテリアアドバイザー相見 京のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000