欵冬華 ~ふきのはなさく ~


2017年1月20日(金)は「大寒」です。

大寒は文字通り「一年で最も寒さが厳しい時季」です。


「大寒」の朝に汲んだ水は、一年間腐らないと言われるほど雑菌が少ないそうです。

どれほど厳しく寒い時季かを思わせるお話ですね。

「大寒」の朝は、この清らかなお水を一杯頂くのも良いかもしれません。



さて、「大寒」は暦の中で「二十四節気」に分類されるのですが、この日は二十四節気を更に3つに分けた「七十二候」にあたる「欵冬華(ふきのはなさく)」という日でもあります。

「春を告げる蕗(ふき)という花が雪から顔をだす」という日です。

しかし、常用漢字で「ふきのはなさく」とはとうてい読めるものではありません。



こうゆう暦は中国で生まれ日本に渡り、江戸時代の暦学者が日本の気候に合わせてつくったのですが、美しい暦の表現ですよね。



現代では「キラキラネーム」が流行り、読みにくい名前が社会的な悩みの種になっておりますが、意外と先人たちのDNAが生んだ産物かもしれません。

蕗の花ではありませんが「春はもうすぐですよ」と励まされます(笑)。

暮らしと風のかたち

風水インテリアアドバイザー相見 京のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000